鍛造芸、極まる。|BBS LM

 

ザ・BBSとも言うべきその造形は今もなお輝きを放つ。 X4Mが持つモダンさと同居しつつ その暴力的な動力性能を涼しげな顔で受け止める。 BBSが磨き続ける鍛造芸は、永遠に不滅である。

 

時代の主軸が移り変わってもLMは定番であり続ける。

 

発売されたのが1994年だから、もう25年以上も基本的な姿カタチを変えないまま生き長らえてきたのが、BBSの顔となったLMである。ただ存在してきただけではないし、まして懐古主義的なクラシカルモデルでもない。いつの時代も最新モデルの足もとを抜かりなく支えてきたのだから凄いと思う。定番と呼ばれるだけの存在感と実性能は、今もなお不変である。

ザ・BBSと言うべきLMの造形は、いつの時代もBMWとの親和性が高い。時代の花形がSUVへと移行し、BMWはSAV(C)という新ジャンルを確立したが、そこに当てはめてみても、BBSはやはりクルマをキリリと引き締めるような存在だった。それがクーペにせよセダンにせよ「LMといえば車高の低いスポーツモデルに似合う」という概念を少しだけ取り払ってみたら、新しい世界が開けたようだった。むしろ満開に咲く花のようなクロススポークの存在感と強靭なつくりは、大出力かつ高重量のSAV(C)勢にこそ相応しいかもしれない。

それを裏付けるかのように、BMWチューナーとして名高いベイファールが構築したX4Mの足元で、21インチのLMが威風堂々と主張していた。3Dデザインのカーボンエアロでコーディネートし、同ブランドの車高調を駆使してセッティングを煮詰めた個体で、その決め手として投入されたのがLMだった。もともと7シリーズ用の設定だったフロント9・0J、リア10・0Jを持ち込んで、タイヤサイズなどをひと工夫して取り付けたベイファールの目利き力と技術力には敬意を評したい。

実際、3Dデザインの足まわりとLMとの相乗効果によるフットワークは実に爽快だった。路面からの微振動を巧みに吸収しつつ、まるで吸い付くように進んでいく。大きな入力では瞬間的にアタリの硬さを感じることもあるが、一発で収束するのでまるで不快な印象はない。足もとに21インチを履いているとは思えないほど、軽やかに転がり、轍でステアリングが取られることもなかった。秀逸なサスペンションセッティングはおろか、強度や剛性を確保しつつも軽量性能に秀でたホイールの恩恵も大きいはずだ。フロントは9・0Jで13・3kg、リアは10・0Jで13・1kgしかない。重量的には不利であるはずの2ピースと考えると相当に軽量である。おそらく純正21インチと比べても軽いはずだ。なお、BBSジャパンのホームページにはほぼすべての銘柄、サイズの重量が明記されている。これこそが己の製品に自信がある証しだと感じる。

BBSは超超ジュラルミン鍛造製法を採用したRI‐Dを皮切りに、新しいクロススポーク像を次々と実用化している。その勢いには圧倒されつつも、それと同時に20年選手であるLMがここまでの魅力を宿すことに驚く。さらにはそれが最新のSACに似合ってしまうところがいい。むしろ大柄で車高も高く、必然的にホイール径が大きく取れるSUVカテゴリーには、クロススポークがぎゅっと凝縮されたデザインがとても映えるように思う。  あらためてLMの造形を見ると、どこにも奇をてらったところない、極めて実直な姿カタチだとわかる。まさに教科書通りのメッシュ(クロススポーク)である。流行は目まぐるしく移り変わるものの、本物は永遠に輝きを放ち続ける。そんなことを訴えかけてくるようなLMを前にして、物語はこれからも続いていくことを知った。

BBSの伝統は隣り合うスポークをY字でつなげるクロススポーク。LMの場合、10本のクロススポークで構成されている。センターパートは円状で落とし込まれ、あらゆるP.C.D.に対応する設計。ピアスボルトの無骨さを全面に訴えるかのような2ピース構造を持つ。

 

PRICE LIST
17×7.0~7.5  9万4050~9万6250円
18×7.5~10.5 10万9450~12万2650円
19×7.5~11.0 13万7500~16万600円
20×8.5~11.0 17万1600~18万8100円
21×8.5~10.0 21万100~22万円

 

 

BMW X4M 2019年式|ホイール:BBS・LM(F:9.0×21 R:10.0×21)|タイヤ:ミシュラン・パイロットスポーツ4S(F:275/35ZR21 R295/35ZR21)|足まわり:3Dデザイン・車高調整式サスペンションシステム|吸排気:アクラポヴィッチ・スリップオンライン|ボディパーツ:3Dデザイン・フロントリップスポイラー/サイドスカート/トランクスポイラー/リアディフューザー|問い合わせ/ベイファール ☎042-678-7246 www.beifall.jp

 

Premium SUV Stylebook.2021

価格:1800円

お買い求めは全国の書店、Amazonで!

問い合わせ/BBSジャパン ☎03-6402-4090 bbs-japan.co.jp

掲載:Premium SUV Stylebook.2021 2021年3月31日発売(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo_土屋勇人 TSUCHIYA HAYATO

text_中三川大地 NAKAMIGAWA DAICHI