熟練職人の相棒。|Mercedes-Benz G550|HASHIMOTO CORPORATION

 

 

 

どう猛な加速で、しかしピタリと路面に張り付くようにGクラスがトレーラーを引っ張る。 こうやって使い倒してこそ、Gクラスの本領が発揮されるのかもしれない。 その走りを影で支える魅惑のアフターパーツとともに、Gクラスの魅力を今一度紐解く。

 

通好みのモディファイでプロツールとして使い倒す。

 

秘めたる筋肉は、隠そうとしても隠し切れない。いかに快適で豪華な仕立てを身につけても、その本性に宿るのはタフなオフローダーとしての資質だ。そう再確認させてくれたのが、橋本コーポレーションがプロデュースしたG550だった。鮮やかなサウスシーブルーのこの個体は、オーナー氏がトレーラーを引っ張るために調達したもの。生粋の職人で現場近くに宿泊する際、トレーラーを使うのだそうだ。そう考えると、G63ではなくG550という選択にも納得できる。ドレスアップアイテムでもなければ、まして軟弱なアウトドアレジャーに使うツールでもない。彼はあくまでプロツールとしてGクラスを選んでいる。実際、Gクラスの走破性と牽引力があれば、砂漠だろうがジャングルだろうが、このトレーラーを引っ張っていけそうだ。

さらに玄人っぽさを感じさせるのは、そのコーディネートだ。足元をHRE FF10ホイールで引き締めつつ、サスペンションにKW製DDCプラグ&プレイをインストールした。伸び縮みを独立調整できる純正電子制御ダンパーを生かしながら、適度なローダウン量を伴ったより上質なアシへと誘う。牽引する際と単独走行時とで、セッティングを変更できるのもいい。

さらにエキゾーストをアクラポヴィッチのエボリューションラインへ。センターからエンドまでフルチタン製となった。出力性能の向上はもとより、純正比で45%の軽量化になり、防錆性にも優れるので、このG550の使い方にはピッタリのアイテムだ。こうしたワンポイントモディファイを経て、違いのわかる職人を唸らせるGクラスがここに誕生したのである。

KW DDC PLUG & PLAY

GクラスとKWとの関わりは深い。特別モデルであるG550 4×4²や、マイバッハG650ランドレーに純正採用された実績を持つ。だからこそ、W463A型になって純正が2ウェイ(伸び縮み独立調整)の電子制御ダンパー(AMGライドコントロール)へ進化した際、いち早くDDCプラグ&プレイを設定した。ダンパー&スプリングをKW製に置き換えながら、純正の操作系を生かせるのだ。KWが徹底的にテストを重ねたセッティングが貫かれており、コンフォートではより快適に、スポーツでは大柄な車体が小さく感じるほど機敏な動きをもたらす。いずれのモードも不快な印象はまるでない。最大で30mmローダウンが可能だが、それでもストローク量はきっちり確保される。ユーザーニーズに合致させることこそKWらしさ。それはW463Aでも貫かれている。

「コンフォート/スポーツ」と任意で変更できる純正の操作系は生かされる。乗り手の好みや走らせ方、タイヤ&ホイールの選択肢によって設定できるのがいい。最大30mmのローダウン量はとても自然な雰囲気で、悪路であっても躊躇なく飛び込める。

 

AKRAPOVIC Evolution Line

東欧スロベニアを代表する企業であるアクラポヴィッチは、チタン合金を使ったエキゾーストシステムで世界のハイエンドカーシーンを席巻する。今では自動車メーカーやワークスレーシングチームとの結びつきも強い。そんな彼らはW463A型に対して、センターからエンドまでの交換となるエボリューションラインを用意する。基本はAMG G63用で、フィッティングキットを用いることでG550にも適合する。本国でのテストデータによると、AMG G63で最高出力は+8.1kW、最大トルクは+19.0Nmもオントップした。特にトルクの上乗せが著しく、重量級のGクラスにはぴったりだ。さらに純正比で45%もの軽量化を果たしたことも無視できない。Gクラスの場合、車高が高いので下まわりが見えやすく、結果として工芸品のように美しいシステムに目を奪われる。

インポーターを務める橋本コーポレーションのショールームを訪れると、アクラポヴィッチのエキゾーストを試聴することができる。

デモカー試乗が可能。

KWとアクラポヴィッチを装着したデモカー(AMG G63)は試乗が可能。同社ショールームなら気軽に相談することができる。

京都府京都市右京区西院寿町13

075-322-0310

 

Mercedes-Benz G550 |ホイール:HRE・FF10(F&R:22×10.5)|タイヤ:ミシュラン・パイロットスポーツ4SUV(F&R:295/40R22)|足まわり:KW・DDCプラグ&プレイ|吸排気:アクラポヴィッチ・エボリューションライン/フィッティングキット

Premium SUV Stylebook.2021

価格:1800円

お買い求めは全国の書店、Amazonで!

問い合わせ/橋本コーポレーション ☎075-761-7351 www.h-c.co.jp/KWオートモーティブジャパン ☎075-771-7351 www.kwsuspensions.jp

掲載:Premium SUV Stylebook.2021 2021年3月31日発売(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo_白谷 賢 SHIRATANI KEN

text_中三川大地 NAKAMIGAWA DAICHI