やっぱりSUVはこうでなきゃ。|Mercedes-Benz GLS 350d|Abyss Auto Boutique

 

メルセデスSUVのフラッグシップであるGLS。 ゆとりあるパワーとボディを仲間同士でキャンプへ行くのに使いたい。 そう考えるオーナーのために、アビスオートブティックが挑戦したのは 純正エアサスのコーディングによるリフトアップだった。

 

リフトアップとルーフラック。SUVはガシガシ使ってこそ。

かつてGLと呼ばれていたメルセデスのフラッグシップSUVが、このGLSだ。2020年にモデルチェンジしたので、この個体は先代最終モデル。実は昨年までは、ローダウン仕様で、ロティフォームの22インチを装着。ルーフボックスを載せ、アクティブにレジャーライフを満喫していた。ところがオーナー氏は、行く先々で遭遇するリフトアップスタイルを目にして、仲間と一緒にキャンプを楽しむのに、このGLSでもリフトアップスタイルをできないものか、と再びアビスオートブティックを門を叩いたのである。

アビスオートブティックと言えば、オーナーのライフスタイルに寄り添うモディファイを得意としており、少ない手数でも、アイテム選びやセットアップの妙で、ハイセンスに仕上げるプロショップだ。近頃はフロントランナーやダーチといったアウトドアユースのアイテムにも力を入れており、国産、輸入車は問わず、オシャレなフィールドスタイルを次々に提案している。末澤代表はGLSをリフトアップするにあたり、ローダウン時と同じく純正エアサスを解析し、コーディングを選択。結果、トータルで100㎜のリフトアップに成功した。全長は5140㎜、全高も1850㎜とまさにフラッグシップに相応しい体躯を誇っており、リフトアップしたことで、さらなる迫力を手に入れた。

足元は再びロティフォームをセット。今回はOZR20インチをセレクトした。タフさ一辺倒ではなく、精悍さも併せ持つデザインを選んだことで、ハリキリ過ぎて野暮ったく見えるのを回避し、メルセデスらしい洗練された印象を残す。リフトアップしたスタイルにあわせるなら、オフロード系タイヤを組み合わせたいところ。実はオーナー氏にとってこのGLSは、レジャーユースでありながら、日常的に移動の手段としても使っているため「オン/オフともにストレスなく走れる」ことを前提に、サイズとパターンを選択。その結果BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2に辿り着いた。

アウトドアスタイルには、いわゆる載せモノが欠かせない。オーナー氏のアクティブな志向からフロントランナーであれば拡張性が高く、今後さまざまな展開が可能と考えたが、ここで思わぬ壁にぶつかる。GLS用のアタッチメントがラインナップになかったのだ。しかし、そこはフロントランナーの取り付け実績が豊富なアビスオートブティックだ。フィットするマウントを見つけ出し、ラックサイズを算出。純正のルーフレールにルーフラックを取り付けることに成功した。サイドには、ダーチのオーニングを装着し、キャンプで活躍してくれるリフトアップスタイルのできあがりだ。

足まわりとルーフラックという最低限のモディファイながら、狙い通りクルマのキャラクターは一変した。3・0ℓV6ディーゼルターボと3列シートを搭載する堂々たるボディは、大人が多人数で乗車してもゆとりのあるクルージングが可能で、仲間とキャンプを楽しみたいというオーナー氏にとっては、ベストな選択といえる。メルセデスのフラッグシップだからと気後れせずに、自分のライフスタイルを彩る相棒として、海に山に街にとガシガシ使ってこそのSUVだ。巷には、洗練されたオシャレ系SUVが増えている一方で、文字通りの多目的を見据えたモディファイで、迫力のスタイリングと実用性を両立させたこのGLSは、本来スポーツ・ユーティリティ・ヴィークルとはかくあるべき、を見せつけられた1台だった。

GLSだけでなく、GLE、さらにGLCもコーディングで車高アップ可能。「海外ではメルセデスのSUVを上げて楽しむスタイルも定着しているので、その感覚でアクティブにも乗ってもらえれば」と末澤氏。

ホイ―ル&タイヤはロティフォームOZR マットブラックとBFグッドリッチT/A KO2の20インチを組み合わせ。

サスは純正エアマチック。エアサスをコーディングしトータルで100㎜アップ。


ルーフにはフロントランナー「SLIM LINEⅡ」ルーフラックにダーチのオーニング「ECLIPSE」を装着。アウトドアテイストが盛り込まれたスタイルはフィールドでは即戦力となり、アーバンなシーンにも溶け込む。

 

Mercedes-Benz GLS 350d 2019年式|ホイール:ロティフォーム・OZR(F&R:20×9.0)|タイヤ:BFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2(F&R275/55R20)|足まわり:純正エアサスコーディング|ボディパーツ:フロントランナー・スリムラインⅡ、ダーチ・エクリプス

 

Premium SUV Stylebook.2021

価格:1800円

お買い求めは全国の書店、Amazonで!

問い合わせ/アビスオートブティック ☎087-875-1212 www.abyssautoboutique.com

掲載:Premium SUV Stylebook.2021 2021年3月31日発売(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo_高原義卓 TAKAHARA YOSHITAKA