リスペクトから生まれるモディファイの本分。|MACARS|Mercedes-AMG A45 S 4MATIC+ edition1

世界最強のホットハッチモデル・A45S 4マチック+。 オリジナルデザインをリスペクトしながら、 サーキットからストリートまで、 走って魅せて楽しめる欲張りなトラック仕様!

インチダウンによって トラックスタイルを構築。

コンパクトボディに最高出力421ps/最大トルク500N・mというトンデモないパワーを備えた世界最強ホットハッチ、それがメルセデスベンツA45S 4マチック+だ。1台1台を職人が手作業で組み上げるパワーユニットはもちろん、AMGモデル専用のパナメリカーナグリルに、通常のAクラスに対して50㎜ワイドになったフェンダー、フロントバンパーの両サイドに備えた整流板など、佇まいだけでホットなオーラがビンビンに放たれている。そんなレーシングモデルに対して、「メイカーズ」が、これまで培ってきた流儀を注ぎ込んだのがこの1台だ。
一見して、吊るしのエディション1に感じるかもしれない。だけど、見るほどに各部から違いが浮き彫りになる。まずはボディカラーから。純正のグロスイエローボディは細部まですべてをSTEK DYNOmatte BODYのプロテクションフィルムでマット化している。ウイングやバンパーなどに使われる純正グロスブラックと合わせ、ルーフをイエローからグロスブラック化しているが、ここでもプロテクションフィルムを施しているのは言うまでもない。さらにドアハンドルやエンブレムもグロスブラックで統一することで、オリジナル形状を崩すことなく、グラマラスなボディ形状に目を向けていた。
そんなメイカーズの流儀は足元にも現れている。まったく違和感なく目に飛び込むが、ホイールはA45S純正の19インチから18インチへとインチダウン。しかし、これは言うほど簡単な話ではない。A45Sのブレーキシステムは大きいため、インチダウンすると干渉するのは必至。そこで、メイカーズによる微細な採寸を行い、ブレーキを逃げるジャストサイズをBCフォージドにオーダーしたという。そうやって仕上げたのが、10本スポークのRZ10(18×9・0)だ。純正(245/35)よりひと回り太い255/40を組み合わせ、チョイ太巻なトラックスタイルに仕上がっていた。
足回りにはKW Ver.3をセレクト。ベタベタではなく、カブらせずに高すぎないという絶妙なセッティングは、メイカーズのこれまでのノウハウに裏打ちされたもの。前後9Jながら、リアにコンケーブディスクをマッチングすることで、レーシーなフロント荷重スタイルまで獲得していた。 次にブレーキローターとコンピューターを増強するとのことで、しっかり走って魅せるというメイカーズが考えるA45S最終形態は完成間近だ。


一見、吊るしのA45 エディション1のように見せるのがメイカーズ流。カブらせ過ぎず高すぎない絶妙な車高に、サイズダウンした18インチホイール&プチ太巻タイヤが、スマートにトラックスタイルを主張する。

スッキリとした10本スポークを持つBC RZ10(18×9.0)をセレクト。インチダウンした18インチを装着するべく、純正ブレーキとの干渉を考えた採寸の末にオーダーで製作。

バンパー形状に沿うようにオフセットして装着したアクラポヴィッチのエボリューションライン(チタニウム)のテールエンド。純正比、6.5kWアップ&9.6kg軽量化する。

樹脂パーツまですべてをガラスコート化。ネクストイノベーションのフロントリップはグロスブラックだったが、イエローマットラッピングフィルムでストライプに仕上げている。

イエローのルーフはリアウイングに使われる純正グロスブラックに合わせてDYNOblack-glossで仕上げている。純正感を損なわない作り込みには脱帽。

MODIFICATIONS|ホイール:BCフォージド RZ10(F&R:18×9.0)|タイヤ:ポテンザRE007A (F&R:255/40R18)|サスペンション:KW Ver.3|マフラー:アクラポヴィッチ エボリューションライン|エクステリア:ネクストイノベーション フロントリップスポイラー|チューニング:BMC インタークーラー

Mercedes Stylebook.

価格:2000円
お求めは全国の書店、Amazonにて!
掲載:Mercedes Stylebook. 2021年8月30日発売(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

問い合わせ/メイカーズ ☎079-252-3929 macars.net

photo_山本佳吾 YAMAMOTO KEIGO
text_岡本 晃 OKAMOTO AKIRA