MBworks|Mercedes Shop Information

 

MBworks

 

 

高感度なメルセデスオーナーが集うサロン。

MBworksは、メルセデスディーラーでの経験を基に代表の西村さんが立ち上げたプロショップ「グローバル」の1部門としてスタート。ところが瞬く間に急成長を遂げ、現在では独立して活動している。その理由はシンプルだ。専門スキルが必要とされる作業を、ディーラーよりもリーズナブルに実現してくれるからだ。また、車両販売も手がけるが、愛車選びに妥協してほしくないという考えから、原則的に注文販売のみ。こうした姿勢が、多くのメルセデスオーナーの心を打ち、急成長のきっかけとなった。店内は輸入家具が並ぶオシャレな空間となっている。オーナー同士で交流を深め、メルセデスオーナーが集まるサロンのように使ってほしいという思いからだ。コロナ禍があけたらショップとユーザー、そしてユーザー同士が交流できるイベントを検討しているという。

また、今後は修理や取り付けなど“作業”のネット通販がスタートする予定だ。依頼の多い施工メニューにあらかじめ価格を設定し、ユーザーにはネット上で事前決済してもらう。来店は入庫日だけという画期的なシステムだ。こうしたユーザー目線に立った取り組みにより、サロンに集まるオーナーは後を絶たないだろう。

モディファイの人気メニューはグリルの交換。ポン付けが難しい車種でも、これまでの経験を基に加工を行い、あたかもオリジナルであるかのような高い仕上がりを実現する。

 

修理やメンテナンス、車検にも対応してくれる。車両購入からモディファイまで、あらゆる作業をワンストップで実施できるのがMBworksの強みだ。

 

 

こちらはスマートのヘッドライト交換作業。ディーラーでは断られるようなドレスアップもOK。カスタム好きなスタッフがそろっているため、要望を伝えれば、細かく提案してくれる。

コーディングにも対応。人気メニューは、日中はスモールが、暗くなるとヘッドライトが点灯するデイライト化。このほかにオートライトの鈍感化も人気だとか。

 

海外製家具を使ったおしゃれな店内となっている。代表の西村さんが美容室などの内装を参考に、床や壁の色にまでこだわって作り上げた同店自慢の空間だ。

修理のほか加工を伴うモディファイなど、あらゆる作業を行うピット。現行車だけでなく、クラシックなモデルの相談も大歓迎だという。まずは気軽に問い合わせてみよう。

 

新たにデモカーとして導入されたAMG G63。ホイールはヴォッセ・ハイブリッドフォージドシリーズのハイエンドSUV向けモデル、HF7。このほか電動サイドステップなど随所にモディファイが施されている。今後もカスタムは続いていくそうだ。

 

京都府京都市伏見区久我森の宮町15-10
075-201-4559
9:00~18:00(第2/4土曜、日曜日、祝日定休)
www.benz-kyoto.jp

 

 

Mercedes Stylebook.

価格:2000円
お求めは全国の書店、Amazonにて!
掲載:Mercedes Stylebook. 2021年8月30日発売(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo_中島仁菜 NAKAJIMA NINA