BMWをがっちり受け止めるイタリア魂。|OZ Racing Leggera-HLT

 

その性能と美しさをBMWのためだけに。

 

最高峰のモータースポーツ技術を使いながら、イタリアの芸術性をそっと埋め込んでくるところが、いかにもOZ(オーゼット)ホイールらしい。ここ数年、オーゼットはレーシングホイール直系を感じさせる銘柄を広く訴えてきた。信頼耐久性やコストの壁が大きいストリート向けであっても、世界最高峰のモータースポーツで培った技術は大きな支えとなり、無言の説得力を持つ。

ここで注目したのはレッジェーラHLTである。オーゼットの代表的存在であるウルトラレッジェーラHLTに対して、レッジェーラの立ち位置とはなにか。F1直系とも言える技術が満載されたウルトラレッジェーラHLTの廉価版ではない。むしろ、その旨味を引き出しつつ、よりストリートカスタムにフィットさせたような銘柄だと思える。

ウルトラレッジェーラHLTにはセンターロックモデルが存在し、5ホールであってもセンターパートはサークル形状に窪んでいる。これはこれでレーシングホイールっぽさを宿らせるが、しかしレッジェーラHLTはボルトホール全体が彫刻的にデザインされている。狙った車種のマッチングを突き詰め、専用設計されたようなデザインは素直に美しい。ボルトホールを基点にして枝分かれしていく2×5本スポークは、力学的にも理にかなっている。

両者ともHLT(ハイ・ライト・テクノロジー)と呼ばれる技術が使われているのは同じ。鋳造で成型した製品のリム部を、熱を加えながら型に押しつけ伸ばすことで、鍛造に匹敵する強度のリムを作る方法だ。オーゼットの場合、鋳造方法からして手間ヒマのかかる低圧鋳造法(ロープレッシャー鋳造法)を使う。アルミ溶湯を重力にまかせて型に流し込む重力鋳造法(グラビティ鋳造法)に比べ、アルミの分子が均一になりができにくいという。重力鋳造法で成型したホイールの強度不足を補うためにHLTを用いるのではなく、強靭なホイールのさらに上を目指す手の込んだ生産方法である。現在、年間約20万本という生産本数の約半数がHLTになった。

それぞれのスポークはリム先端にまで伸ばされていて、大径感を強調させる。スポークとリムとの結合部はアンダーカットという手法で切削されていて、スポークが浮いているように見える。それはもちろん、軽量化にも貢献しているはずだ。

BMW用の19インチには、66・5φのハブセントリック仕様が存在する。ボルトホールのテーパー形状化や、BMW純正センターキャップへの対応など、よりユーザーを満足させる構造も設けられている。カラーリングもカタログモデルにはないマットブラック。オーゼットらしい性能と芸術性を味わいながら、同時にBMW純正と言っても過言ではないマッチングが得られるのである。

このBMWへ向けた特別モデルは橋本コーポレーションの専売モデルとなる。旧くから互いに手を取り合ってきた関係性が、BMWのカスタムワールドで花開いたのである。

 

 

日本に導入されるレッジェーラHLTは17〜19、21インチがそろう。このモデルはBMW専用66.5φのハブセントリック設計で、BMW純正センターキャップを装着することができる。カラーリングは通常モデルにはないマットブラック。まるで純正ホイールのように似合う。

 

 

 

自分だけの駆けぬける歓びが見つかる! BMW最新トレンド完全ガイド!
BMW STYLEBOOK.

価格:2000円(税込)
お買い求めは全国の書店、Amazonにて!

 

問い合わせ/橋本コーポレーション ☎075-761-7351 www.h-c.co.jp

掲載:BMW STYLEBOOK. 2020年12月7日発売(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo_中島仁菜 NAKAJIMA NINA

text_中三川大地 NAKAMIGAWA DAICHI